ブラックでも賃貸契約で家は借りられる?審査落ちとなる理由を分析

fullnote
すごエネ 編集長
すごエネ編集部は、お金に関するさまざまなジャンルの執筆経験者で構成されています。明瞭で正確な情報を発信し有益なメディアを目指します。

マンション・アパート等の賃貸契約を検討する際、信用情報がブラックであることは、審査落ちの原因となります。

しかし、ブラックの人でも賃貸契約ができる可能性はあります。

そこでこの記事では、以下の内容についてまとめました。

  • ブラック状態の自分でも賃貸契約はできるのか?
  • 審査通過するためにどんな準備をしておけばいいのか?
  • もし審査に落ちたらどうなるの?

あなたが賃貸契約において抱える疑問や不安を解消していきましょう。

ブラックでも賃貸契約で家を借りられる?

信用情報がブラックの人は、基本的に賃貸契約の審査に通らない可能性が高いです。

しかし、ブラックリストに載ったからといって、絶対に賃貸の契約審査に通らないわけではありません。

事前の準備によってはブラックの場合でも審査に通る確率を高められます。

ブラックの人が賃貸審査に落ちやすい理由

ブラックの人が賃貸契約の審査に落ちやすいのは、大家さんや保証会社の審査で、家賃の支払い能力が不足していると認定されてしまうことがあるからです。

住宅を提供する大家さんは、家賃を継続してきちんと支払えるかどうかを重視しています。

過去にブラックリストに載っていると、支払い能力がなく、家賃を滞納する可能性があると判断されてしまいます。

また賃貸契約の審査では、支払い能力の他にも以下の点がチェックされます。

  • 勤続年数はどのくらいか?
  • 雇用形態(正社員だとベスト)
  • 家賃に対して、適正な収入があるか?
  • 長期間に渡って住みそうか?
  • 人柄はどうか?

特にブラックの人は上記のポイントを押さえておくことで、対策を打つことができます。

ブラックとはどのような状態?

ブラックとは、「信用情報機関に過去の金銭面でのマイナスな情報が掲載されている」状態です。

マイナスな情報とは、具体的には金銭面での事故情報、異動情報、滞納情報などです。

いわゆるブラックリストは存在しない

よく金銭面での事故を起こすと、ブラックリストに載っていると表現しますが、「ブラックリスト」というものは存在しません。

実際は、信用情報機関に金銭面でマイナスな情報が登録されていて、新たな借入や契約がしにくい状態が、ブラック状態となります。

信用情報機関とは、信用情報を集めて加盟店に提供する機関のことで、主に「CIC」、「JICC」、「KSC」の3つがあります。

それぞれ、銀行系・信販会社系・消費者金融系など管理している情報が違います。

信用情報機関に掲載されるパターン

信用情報機関に事故履歴として掲載される主なパターンは以下です。

  • クレジットカードや携帯電話料金の支払い滞納
  • クレジットカードの複数申込
  • 債務整理
  • 個人再生や自己破産

上記のような金銭面でのマイナスな事故履歴が信用情報機関に掲載されています。

ただし、これら事故履歴は永続的に掲載されているのではなく、項目毎に掲載期間が決まっています。

支払い滞納の場合は5年間、個人再生や自己破産だと5〜10年間などです。

信用情報機関の掲載履歴を確認する方法

信用情報機関に事故履歴が掲載されてないか不安な場合は、「本人開示制度」で確認できます。

本人開示制度は、信用情報機関に自ら手続きをして、自分の信用情報を入手する手続きです。

「CIC」などの信用情報機関の公式サイトから簡単に手続きできます。

詳細は各機関によって異なりますが、1回の申込で500〜1,000円程度の手数料がかかります。

申込をすると基本的に即日で入手でき、PDF形式などで保管できるので便利です。

参照:指定信用情報機関のCIC

ブラック状態だとどうなる?

信用情報機関に事故履歴があるブラック状態だと、基本的に新たな借入や契約ができなくなります。

具体的には、クレジットカードの契約や利用、携帯電話の分割購入、他の人の保証人になることなどができなくなります。

一方、各種手続きにおいて、信用情報の照会がないものは、そのまま手続きを進めることができます。

具体的には、保険への加入や携帯電話の一括購入、デビットカードの利用などです。

このようにブラック状態だと、「継続的な支払い能力が問われること」について、新たな契約や利用ができなくなります。

ちなみに以下のページでは、ブラックの人にもおすすめの中小消費者金融と業者の選び方について解説をしているので、参考にしてみてください。

スーパーブラックでも借りられる可能性のある中小消費者金融と業者の選び方を解説

ブラックの人が賃貸審査に通るためのポイント

ブラック状態の人でも賃貸契約の審査に通るためのポイントは以下です。

  1. なるべく家賃が安い物件を選ぶ
  2. 家賃が収入の3分の1以下の物件を選ぶ
  3. 申込内容は偽りなくしっかり記載する
  4. 大家や管理会社と真摯に対応する(人柄も見られる)
  5. 保証会社不要の物件か独立系の保証会社にする
  6. 収入のある身内に連帯保証人になってもらう
  7. 預貯金残高で審査してもらう
  8. 信用情報機関の事故履歴が消えるまで待つ

短期的かつ自身の努力で可能なものから、長期的な準備が必要な手段まで幅広くあります。

それぞれ見ていきましょう。

1.なるべく家賃が安い物件を選ぶ

まずは、なるべく家賃が安い物件を選ぶことが重要です。

ブラックに限らず、大家や管理会社は審査で支払い能力を重視しています。

家賃が安いとそれだけ支払いしやすく、滞納の可能性が低くなるので審査通過の可能性が高まります。

また、部屋の条件も可能な限り妥協しましょう。

部屋の条件にこだわりすぎると家賃も高くなりやすく、選択肢も狭くなってしまいます。

家賃もお部屋も過度に良いものを求めず、本当に必要な条件をふまえて選びましょう。

2.家賃が収入の3分の1以下の物件を選ぶ

安い家賃の物件を選ぶこととも関連しますが、家賃を収入の3分の1以下に抑えることも重要です。

賃貸の契約審査では、一般的に「家賃の36倍の年収があるか」を基準としていることが多いです。

言い換えると、収入の3分の1以下の物件を選べば、一般的基準に沿うため審査通過率が高まります。

もし、収入の3分の1以下で審査に通過できなかった場合は、収入の4分の1以下に変更することも有効です。

3.申込内容は偽りなくしっかり記載する

申込書類には、記入漏れがないようにしっかり記入しましょう。

記載されていない項目や間違いがあると、どうしても心象が悪くなり審査にも影響が出ます。

しっかり情報を確認しながらすべて埋めるようにしましょう。

また、審査に必要な書類も滞りなく準備し、審査遅れが出ないようにする必要があります。

一般的に必要な書類は以下です。

  • 身分証明証(免許証・保険証など)
  • 印鑑(実印)
  • 収入証明書(源泉徴収票か、3ヶ月分の給与明細など)
  • 通帳のコピー(後述の預貯金残高で審査してもらう場合)

特に、収入証明はすぐに入手できないこともあるので、事前に勤務先に依頼するなどの準備をしておきましょう。

4.大家や管理会社と真摯に対応する(人柄も見られる)

審査をする大家や管理会社とのやりとりは、遅延なく真摯に対応しましょう。

大家や管理会社は書類上に表れない申込者の人柄も見ています。

連絡ややりとりがスムーズでないと、心象が悪くなり、審査に影響が出ます。

また、最近はネット上の検索結果が考慮される場合もあります。

個人検索でSNSでの他人への誹謗中傷やトラブルが出ると要注意です。

5.保証会社不要の物件か独立系の保証会社にする

物件は、可能な限り保証会社の審査を通過しやすいものを選びましょう。

具体的には、連帯保証人を立てれば保証会社が不要の物件か、独立系の保証会社を利用できる物件です。

保証会社の審査が厳しくなければ、契約審査自体に通過しやすくなるため効果的です。

保証会社不要の物件

保証会社とは、大家に対して、入居者の家賃を保証する会社のことです

入居者の家賃滞納が起きた際、保証会社が大家に家賃を立て替えて払ってくれるので、大家にとっては保険のような位置づけになります。

以前はこの役割を連帯保証人に求めることが多かったですが、最近は保証会社の利用が増えています。

保証会社は保証の可否について大家や管理会社の審査と別に、独自で審査をしています。

保証会社が不要の場合、保証会社の独自審査が不要になるということなので、ブラック状態でも通りやすくなると言えます。

この場合は保証会社の代わりに連帯保証人を立てることが多いので、保証人の確保をしておきましょう。

独立系の保証会社が利用できる物件

また、保証会社ありの物件でも、独立系・LICC系・信販系のうち、独立系が使える物件を選ぶと良いです。

保証会社は独立系・LICC系・信販系の順に審査に通りやすいとされているためです。

独立系の保証会社は、信用情報機関や他社の滞納歴をチェックしないことが多いので、ブラック状態でも審査に通る可能性は高くなります。

参照:住宅・建築:登録家賃債務保証業者一覧 – 国土交通省

6.収入のある身内に連帯保証人になってもらう

継続的な収入のある身内がいる場合は、連帯保証人になってもらうのも有効です。

連帯保証人を立てることで、保証会社の審査に通りやすくなったり、保証会社なしでもOKの場合もあります。

連帯保証人の場合も審査される項目は契約者本人とほぼ同じで、支払状況などが見られます。

7.預貯金残高で審査してもらう

預貯金がある場合は、残高をもとに支払い能力を審査してもらうのも有効です。

審査では、基本的に過去の情報で支払い能力を判断しますが、預貯金から現在の支払い能力を示す方法です。

仮に収入が基準より低かったり不安定でも、およそ家賃2年分の残高があると審査に通りやすいです。

ただし、現時点でまとまった預貯金がない場合、家賃2年分を貯めるにはかなりの時間が必要になりますので気をつけましょう。

8.信用情報機関の事故履歴が消えるまで待つ

ここまで挙げた手段がとれない場合は、信用情報機関の履歴が削除されるのを待つのが有効です。

信用情報機関の事故履歴は5〜10年で削除されるので、期間を空ければブラック状態ではなくなります。

大家や保証会社が信用情報をもとに、審査NGを出していると想定される場合、大元の信用情報をクリーンにすることが一番の対策です。

ただし、事故履歴が消えるのを待つのはかなりの長期戦になります。

まずは、該当の事故履歴がいつから掲載されていて、どのくらいで削除されるかを調べましょう。

事故履歴が当面削除されない場合は、後述の対処法も合わせて検討すべきでしょう。

賃貸契約の審査に落ちたときの対処法

賃貸契約の審査に落ちてしまった場合、できる対処法は以下となります。

  1. なぜ落ちたかを考える
  2. 別の保証会社で再審査をしてもらう
  3. 別の物件を検討する
  4. 収入のある身内に代理契約してもらう

それぞれ見ていきましょう。

1.なぜ落ちたかを考える

契約審査に落ちた際にまずやるべきなのが、なぜ落ちたかを分析することです。

契約審査は誰が行ったのか(大家・保証会社など)をふまえ、相手がどの審査項目でNGを出したのかを想像しましょう。

多くは、支払い能力・属性情報(雇用形態や勤務年数など)・個人の人物像、が原因になっていることが多いです。

NG要因になったであろう項目が分かれば、打つべき対処も見えやすくなります。

あなた自身で判断がつかない場合、担当している不動産会社に相談するのも手です。

明確なNG理由は教えてもらえませんが、次の対策へ向けたアドバイスはしてくれるはずです。

2.別の保証会社で再審査をしてもらう

最も現実的かつ効果的なのが、保証会社を変えて再度審査してもらうことです。

審査NGだった場合、大家ではなく保証会社の審査基準で不可になっていることが多いです。

そのため、審査に通りやすい保証会社に変えることで通過できる可能性が高まります。

契約審査に落ちた場合、多くは不動産会社から審査NGの連絡と共に、別の保証会社での再審査を提案してくれることが多いです。

不動産会社は、あなたの状況に合わせて別の保証会社を提案してくれているので、素直に従い再審査してもらうのが良いでしょう。

保証会社によって審査基準は異なるため、再度審査を受けることで通過できる可能性があります。

3.収入のある身内に代理契約してもらう

収入のある身内がいる場合、契約そのものを代わりにお願いするのも選択肢の一つです。

代理契約とは、入居者本人とは別の方が大家と賃貸契約を結ぶことです。

あなた自身がブラック状態で審査に通らなかった場合、身内に代理契約してもらうことで審査通過できるケースは多くあります。

ただし、代理契約者は本来あなたが負うはずの責任も含めて肩代わりすることになるので、事前に詳細な説明と合意が必要です。

連帯保証人などと混同して後々トラブルにならないためにも、入念にすり合わせしてから実行しましょう。

また、大家が代理契約を認めていない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

4.別の物件を検討する

ここまで紹介した対策でも審査通過が難しい場合、別の物件を検討しましょう。

例えば家賃や立地条件が同じような部屋でも、物件を変えると審査に通る場合があります。

これは、大家や管理会社、保証会社が変わることで、審査基準も変わるためです。

担当している不動産会社に相談し、あなたの状況に合わせて審査通過しやすい物件を選定してもらうのが効果的です。

意外と物件を変えると審査通過することはあるので、諦めずに探すことが重要です。

まとめ

本記事では、ブラック状態でも賃貸契約するために以下のポイントを紹介しました。

  • ブラック状態の人が賃貸契約の審査に落ちやすいのは、主に支払い能力がないと判断されているため。
  • そもそもブラックとは、「信用情報機関に過去の金銭面でのマイナスな情報が掲載されている」状態。
  • 審査では、年収の3分の1以内に収まる安い物件を選び、支払い可能と判断されることが重要。
  • 加えて人物像も見られているので、申込書を抜かりなく作成したり、真摯に対応することが重要。
  • 審査に落ちても、保証会社・契約者・物件のいずれかを変えることで通過できる可能性がある。

NGになりそうな要因は本記事を参考に、事前に対策して審査に望みましょう。

また、一度審査に落ちてしまうと、何度審査してもNGになってしまうと考えがちですが、ブラック状態でも打てる対策はあります。

あなたの状況をふまえた対策を行い、賃貸契約をめざしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA