審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社はある?解決策を紹介

fullnote
すごエネ 編集長
すごエネ編集部は、お金に関するさまざまなジャンルの執筆経験者で構成されています。明瞭で正確な情報を発信し有益なメディアを目指します。

「どこからも借りられない」「審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社はどこ?」――このように考えている人は多いと思います。

そこで今回は、ローンの審査に通らない原因とおすすめの大手・中小ローン会社をご紹介します。

また、信用情報機関や個人信用情報に記載される内容についても解説します。

ローンの審査に不安のある方はぜひ参考にしてください。

審査がどこも通らないけど貸してくれるローン会社はある?

審査がどこも通らないけど貸してくれるローン会社はありません。

カードローンなどを利用して借りる場合には必ず審査が行われます。

審査では申込者の属性情報や信用情報が確認されますが、各ローン会社の融資基準を満たしていないと審査に通過できません。

また、ローン審査に落ちた場合でも半年は信用情報に登録されるため、その間は借り入れが難しくなります。

ただし、消費者金融や金融機関によって審査基準が異なるため、借りられる可能性が完全にゼロではありません。

つまり、審査に通りにくい場合は、できるだけ審査に通りやすいと思われるクレジットカード会社に申し込むことが大切です。

ローン会社で審査落ちとなる理由

さまざまなカードローン会社に申し込んだのに、どれも審査に通らなかった場合には、いくつかの理由が考えられます。

審査に落ちてしまう一般的な理由

  • 個人信用情報に事故情報がある。
  • 他社からの多額の借入。
  • 属性評価が低い。
  • 短期間で複数の企業に応募する。

他社借入額が大きい

他社からの借入額が大きい場合、クレジットカードの審査に通りにくくなります。

カードローン会社や信販会社が融資できる金額は貸金業法で定められているからです。

具体的には、カードローン会社は申込者の年収の3分の1を超える金額を融資することはできません。

属性評価が低い

申込者の属性情報の評価が低くてもカードローンの審査に通らないケースがあります。

属性評価が低いと融資のリスクが高いと判断され、融資が断られる可能性が高いからです。

属性情報とは、申込者の年齢、職業、年収などの情報を指し、カードローンの申込時にカードローン会社に提供されます。

属性情報として提出する項目の例は以下のとおりです。

属性情報として提出する項目

・年齢
・職業
・雇用状況
・職場
・勤続年数
・年収
・収入の形態
・居住年数
・住居の種類など

年齢は各カードローン会社の申込条件となっており、若すぎたり、高齢すぎたりすると審査に不利になる可能性が高くなります。

雇用面では正社員が有利ですが、派遣社員や契約社員、アルバイトは不利で、自営業者は審査に通らないケースもあります。

また、持ち家と賃貸住宅を比較した場合、審査では賃貸住宅が不利になります。

勤続年数が短い(転職したばかり)、年収が低い、収入が不安定、居住年数が短いなどの場合も、属性の評価が低くなる傾向にあり採用が難しくなります。

属性審査の評価基準はカードローン会社によって異なりますが、融資条件を満たしていないと審査に通過できません。

短期間に複数の申し込みをしている

審査に通らない原因の一つに、短期間に複数のカードローン会社に融資を申し込んだことが挙げられます。

個人信用情報にはカードローンの申し込み状況も含まれるため、カードローン会社は審査時に確認します。

短期間に複数の会社に応募すると、お金に困っていると判断される可能性が高く、審査に通りにくくなる可能性があります。

そのため、審査に通らないからといって、立て続けにさまざまなクレジットカード会社に申し込んでしまうと、審査に通る可能性は低くなってしまいます。

ただし、カードローン会社によって審査基準は異なります。応募情報は最大6ヶ月間登録されますが、他社の応募情報があるからといって審査に通らないわけではありません。

1週間以内に他の会社に申し込んだり、2週間以内に複数の会社に申し込んだりするなど、審査に影響することは様々なので、カードローン会社によっては申込実績によっては審査に通過できる場合もあります。

いずれにしても、短期間に複数の会社に連続して融資を申し込むのは避けたほうが良いでしょう。

申込情報に不備がある

カードローンの審査に通らない原因の一つに、申込情報に不備があることも考えられます。

特に多いのは、電話番号やメールアドレスです。

申込内容が間違った情報であれば内容の確認にも時間がかかります。

記入ミスであったとしても虚偽の内容として扱われて審査落ちとなる場合もあります。

総量規制の対象である

他社ローンがある場合は総量規制というルールにより審査が通りにくくなる可能性が高くなります。

総量規制とは、消費者が支払能力を超えて借金をすることを防ぎ、多重債務者の発生を防ぐためのルールです。

なお、申込者が借入する総額には総量規制が適用されます。

審査を受けたクレジットカード会社以外の会社からお金を借りた場合、その合計額が年収の3分の1を超えてしまうと、新たな融資を受けることができなくなります。

審査に通ったとしても、借りたいだけ借りられるわけではなく、借入状況や年収に見合った借入限度額が提示されます。

個人信用情報がブラックである

あなたの個人信用情報がブラックであれば審査に通らない理由の1つとなります。

「個人信用情報がブラック」とはどのような状態?

過去にカードローンやクレジットカードで返済遅延・延滞・強制解約になった事がある場合、個人信用情報がブラックの可能性があります。

ローンやクレジットカードの支払いが遅れると「ブラックリスト」に載るという話を聞いたことがあるかもしれません。

しかし、ブラックリストと呼ばれるリストは存在しません。個人信用情報に登録されるカードローンの返済や延滞に関する情報を事故情報と呼び、事故情報が登録された状態を単に「ブラックリストに載っている」と言います。

事故情報が登録されるケースとしては、以下のような場合が挙げられます。

事故情報が登録されるケース

・カードローンの返済を滞納している
・借金が返せなくなって保証会社が代位弁済
・借金が返せなくなって連帯保証人が代わりに返済
・債務整理(自己破産、任意整理、民事再生など)
・携帯電話の支払いを忘れた

特に注意したいのは携帯電話料金の滞納です。というのも、スマートフォンなどを新規契約する際には、月々の通信量に加えて端末代金の分割払い(分割払い)が必要となるため、支払いができない場合には、 分割払いが滞ってしまいます。

個人信用情報に事故情報が登録されると、5~10年間情報が登録され続けます。当然発行は困難になります。

ブラックであることのローン審査への影響

個人信用情報に異動情報が登録されている場合は審査に通らない可能性が高いので注意が必要です。

信用情報として登録される情報には、顧客の氏名、生年月日、住所などお客様を特定するための属性情報のほかに変更情報が含まれます。

変更情報は、返済状況、保証契約の保証履行、破産手続開始の決定等に遅延・延滞があった場合に登録されます。

簡単に言うと、ローンの返済に問題が発生している程度に遅れていることを示す情報であり、カードローンの審査に大きく影響します。

変更情報として以下の項目が登録されます。

・支払いが遅延
・借金の整理
・代理返済
・強制終了

個人信用情報の確認方法

JICC、CIC、KSCに登録されている個人信用情報は、情報開示請求を行うことで確認することができます。

JICCでは窓口、インターネット(スマートフォン)、郵送で情報開示請求が可能です。

CICの場合は窓口・インターネット・郵送による情報開示請求が可能であり、KSCの場合はインターネット・郵送による手続きが可能です。

なお、情報開示請求には開示手数料がかかり、信用情報機関や開示請求方法に応じて500円~1,200円(税込)を支払います。

審査がどこも通らない人におすすめの代替手段

審査がどこも通らない人におすすめのお金を借りる方法を照会します。

消費者がお金を借りる方法はいくつかあります。

さまざまなお金の貸し方

・中小消費者金融
・クレジット会社
・銀行や信用金庫などの金融機関
・クレジットカードの現金化
・公的融資制度

中小消費者金融での借入

お金を借りる方法の一つに中小消費者金融があります。

消費者金融とは、カードローンなど個人に融資を行う業者のことを指します。 当社は貸金業者として金融庁の認可を受け、財務局及び都道府県の登録を受けており、貸金業法に基づいてご融資を行っております。

消費者金融は融資の申し込みから融資実行までの時間が短いのが特徴です。 早い場合は申し込みから最短30分で審査が完了するため、申し込み当日の借入も可能です。

また、消費者金融では、初めて借入する人に限り、借入に対して利息がかからない「無利息期間」を設けている業者もあることも特徴です。

一方で、返済金利は銀行よりも高く設定されているため、返済に時間がかかるほど利息負担が大きくなることには注意が必要です。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードにキャッシング枠がある場合でもお金を借りることができます。

クレジットカードにはサービスごとにキャッシング枠の機能があり、キャッシング枠が設定されている場合はその枠まで現金を借りることができます。

キャッシング枠は契約時に設定されている場合と、クレジットカードを取得した後に別途適用される場合があります。

また、キャッシングローンは、キャッシング申込後に指定口座にお金を振り込んでもらったり、ATMで借りたい金額だけ現金を引き出したりすることで融資を受けることができます。

クレジットカードキャッシングを利用するメリットは、すぐにお金を借りることができることと、海外でもお金を借りることができることです。

一方で、キャッシング枠を利用して借りた金額がショッピング枠を圧迫したり、返済金利が高くなるなどのデメリットもあります。

質屋でお金を借りる

質屋に価値のあるものを預けることでお金を借りることができます。

店舗によっては買取してくれる場合もあるので、都合の良い方法でお金を用意しておきましょう。

質屋でお金を借りる場合、預けた品物が担保となります。

信用情報や経済状況などは審査されないため、過去に金融事故を起こしたことがある人でも利用することができます。

ただし、以下のデメリットがあるので注意してください。

・預かっている商品の評価額を超えるお借入はできません。
・高い金利

返済の際は一括返済のケースが多いです。

スマホ決済アプリの現金化

近年クレジットカードや消費者金融以外でお金を用意する方法として人気なのが、後払いアプリの現金化です。

いわゆるBNPL(Buy Now Pay Later)サービスを利用して商品を購入・転売することで現金を得る方法です。

こうした後払いアプリは、クレジットカードや消費者金融などのローンとは異なり、審査がなかったり、ブラックでも利用できる審査が甘いものが多いことから人気を集めています。

また、後払いアプリの平均利用可能額は1件あたり5,000円~5万円と少額ですが、組み合わせによっては30万円~50万円の現金化も可能です。

しかし、間違った方法で現金化をしてしまうと、後払いアプリの利用停止や利用金額の一括請求などのトラブルが発生する可能性があります。

日雇いバイトでの収入

今すぐお金が必要だけど売るものが見つからないなら、日雇い労働がおすすめです。

本業の休みの日や早朝・深夜の時間を利用して、その日のうちにアルバイト報酬を受け取ることができます。

前払い・即払い可能な日雇いバイトを探すならタイミーがおすすめです。

面接や登録会は不要で、空いた時間に働いてすぐにお金を受け取ることができます。

多種多様な求人が登録されているので、あなたにぴったりの日雇いバイトが見つかるでしょう。

おすすめの中小消費者金融6社

順位 会社名 特徴
1 セントラル ・全国19ヶ所に自動契約機
・ネット申込は来店不要
・審査は柔軟に判断
▼詳細を見る
2 スカイオフィス ・ネットで全国から申込
・来店不要で最短30分
・現在の返済能力重視
▼詳細を見る
3 いつも ・ネットでいつでも申込み
・来店不要で最短15分
・柔軟対応リピーター多数
▼詳細を見る
4 アロー ・ネットでどこでも申込み
・来店不要で最短45分
・人による独自の審査
▼詳細を見る
5 フタバ ・ネットや電話で申込み
・来店不要で最短10分
・返済能力柔軟審査
▼詳細を見る
6 フクホー ・ネットや電話で申込み
・来店不要で最短即日
・返済能力を重視
▼詳細を見る

全国には数百社の中小消費者金融会社がありますが、中小消費者金融会社6社を厳選しました。

中小消費者金融の多くは上限金利が年20%と高く、限度額が低いのが特徴です。

最近は限度額の高い融資も増えていますが、100万円以上の融資を受けるのは難しいのが現実です。

正規の登録番号を持った消費者金融は、違法な利息を請求したり、強制的にお金を取り立てたりすることはありません。

即日融資に対応している中小消費者金融は数多くあります。

1.セントラル

即日融資
金利 年4.8%~18.0%
限度額 300万円
申込み方法 インターネット、電話、郵送、FAX
借入方法 銀行振込
登録番号 四国財務局長(8)第00083号
日本貸金業協会 第001473号

セントラルは中小消費者金融としては珍しく、全国に17店舗(自動契約機)を展開しています。

平日14時までの申し込みで最短即日融資可能です。

オンライン申請の流れは次の通りです。
インターネットまたは電話で申し込み
⇒審査結果は電話またはメールで通知
⇒本人確認書類の提出
⇒キャッシングカードの受け取り
⇒ATMで借りる

セントラルは愛媛県松山市にある消費者金融会社です。東京には新宿と上野にも店舗があり、最大30日間無金利サービスもあります。

カードは郵送または現金自動預け払い機で受け取ります。

銀行振込でも借りることができますが、自動契約機でカードを発行しても即日融資を受けることができます。

土日即日融資を希望する場合は、ドローンで契約してカードを受け取る必要があります。 資金の送金は月曜日以降に可能になります。

2.スカイオフィス

即日融資 可(最短30分審査)
金利 年15.0%~20.0%
限度額 50万円
申込み方法 インターネット
借入方法 銀行振込
登録番号 福岡県知事(6)第08437号
日本貸金業協会 第001567号

スカイオフィスは福岡県にある中小消費者金融会社で、審査スピードが早いのが特徴です。

上限金利は年20.0%と高いので、上限金額が10万円未満であれば金利は年20.0%となる可能性が高くなります。

オンライン申請の流れは次の通りです。
オンライン申請
⇒審査結果は電話またはメールで通知
⇒最終結果は携帯電話に送信
⇒契約書に記入して返送する
⇒移籍ローンを受ける

審査時間は最短30分ですが、契約書類にサインして返送する必要があるため、来店しないと即日融資は受けられません。

3.いつも

中小消費者金融いつもは高知県に本社があるのですが、全国どこでも利用可能です。 最長60日間無利息サービスあり。

即日融資 可(最短45分審査)
金利 年年4.8%~20.0%
限度額 500万円
申込み方法 インターネット
借入方法 銀行振込
登録番号 高知県知事(3)第01519号
日本貸金業協会 第005847号

デメリットは上限金利が年20.0%と高いことです。限度額10万円未満の場合、年利20.0%となります。

オンライン申請の流れは次の通りです。
オンライン申請
⇒電話による審査結果の通知と契約内容の説明
⇒セブン-イレブンのマルチプリンターで契約書類を出力
⇒契約書に必要事項を記入し、メールまたはFAXで送信
⇒移籍ローンを受ける

契約書はメールまたはFAXで郵送する必要がありますが、カードの発行や郵送はございません。

4.アロー

即日融資 可(最短45分審査)
金利 年15.00~19.94%
限度額 200万円
申込み方法 アプリ、インターネット、電話
借入方法 銀行振込
登録番号 愛知県知事(5)第04195号
日本貸金業協会 第005786号

アローでは中小消費者金融では珍しく、アプリからオンラインで申し込みが可能です。

上限金利が高いため、上限額が10万円未満の場合は高金利での融資となります。

オンライン申請の流れは次の通りです。
アプリまたはオンラインからお申し込み
⇒アプリから必要書類を送信
⇒契約内容の確認
⇒最短即日振込
カードレスカードローンなので、アプリからお申し込みの場合は郵送はございません。

5.フタバ

フタバは、東京都千代田区にある消費者金融会社です。

平日16時までの審査完了で即日お支払い可能です。平日16時以降、土日祝日は翌営業日のお支払いとなります。

即日融資
金利 年14.959%~17.950%
限度額 50万円
申込み方法 インターネット、電話
借入方法 銀行振込
登録番号 東京都知事(3)第31502号
日本貸金業協会 第000034号

フタバでは30日間の無利息サービスがあるので、すぐに返済すれば利息はかかりません。

アルバイトやパート、年金受給者でも応募できるので、審査に自信がない方でも安心です。

オンライン申請の流れは次の通りです。
インターネットまたは電話で申し込み
⇒審査結果をメールで通知
⇒譲渡ローン
⇒契約書類の送付
⇒契約書類+住民票を返却
一次審査後、本人確認書類を提出し、二次審査を通過すると指定口座に即日振り込みされます。

6.フクホー

即日融資
金利 年7.3%~18.0%
限度額 200万円
申込み方法 インターネット、電話
借入方法 銀行振込
登録番号 大阪府知事(06)第12736号
日本貸金業協会 第001391号

フクホーは大阪府大阪市浪速区難波にある消費者金融会社です。

フクホーは最短即日融資ですが、融資を受けるには契約書類の提出が必要です。

店舗で申し込めば即日融資できる可能性が高いですが、店舗は大阪のみです。

オンライン申請の流れは次の通りです。
インターネットまたは電話で申し込み
⇒審査結果はメールまたは電話で通知
⇒セブンイレブンで契約書類を印刷
⇒契約書類を返却する
⇒譲渡ローン

インターネットからでも、先に契約書類をFAXすることで、即日融資が受けられる場合もあります。

審査がどこも通らない人には公的融資制度もおすすめ

審査がどこも通らないけどお金を借りる必要がある場合は、まず公的融資制度が利用できるかどうかを検討してください。

公的融資制度は金利が低く、償還期間(返済期間)が長いため、返済負担が軽減されるためです。

また、返済猶予期間を設けている制度も多いので、余裕を持って返済できる可能性が高いでしょう。

ただし、融資条件を満たさない場合は制度を利用することができず、融資資金の種類によっては連帯保証人を立てる必要があります。

また、審査も厳しく、申し込みから借入までに時間がかかるケースも多いので注意が必要です。

公的融資制度の概要

公的融資制度とは、国や地方公共団体に融資を申請し、許可を受けることができる制度です。

一般的には民間企業や消費者金融、銀行などが融資を行っていますが、国や地方自治体などの公的機関も融資を行っています。

おすすめの理由

全国各地に公的機関があるので、消費者金融やローン会社を探して窓口で相談するよりも敷居が低くおすすめです。

また、公的融資は金利が低く、民間金融や消費者金融に比べて金利負担が軽いです。

メリット・デメリットを解説

公的融資制度のメリット・デメリットについて解説します。

・公的融資制度のメリット

公的融資制度の大きなメリットは、事業の再建や新規設立の際に低利で融資を受けられることです。

公的融資制度は、中小企業や個人事業主の再生計画に対して融資される制度です。

そのため、大企業ではなく中小企業や個人事業主に向いているので、新規事業の立ち上げや傾いた事業の再建などの理由があれば融資を受けることができます。

・公的融資制度のデメリット

銀行や消費者金融に比べて審査が厳しいのがデメリットです。

消費者金融では返済能力や信用力が重視されますが、公的融資の場合は事業が営まれているか、どのような経営計画を立てているかなど個人情報以外の情報も提出する必要があります。

民間企業から融資を受ける場合に比べて、必要書類がより詳細になります。

公的融資制度は個人が融資を受けるのには適さないです。

審査がどこも通らない人向けのその他の解決策

どこも審査が通らなくて困っているのであれば、通常のローンとは違う方法で解決策を考える必要があります。

以下にいくつかの解決策を示します。

担保ローンを利用する

土地や家などの不動産を担保にして融資を受ける方法もあります。

有担保ローンのメリットは、不動産を担保にすることで高い信用を得られることです。

不動産を担保にすると信用度が上がり、融資を受けられる可能性があります。

おまとめローンで他社借入を整理する

おまとめローンを利用すると、複数社の融資をひとつにまとめて支払うことができます。

各社の利息を一本化してまとめることができれば返済が楽になります。

低金利の会社を選んでおまとめローンを申し込めば、それまで低金利でローンを返済し続けることが可能です。

審査に通りやすいおまとめローンの紹介ページを見る

債務整理の検討をする

返済が遅れたり、ローンを組めなくなって生活が成り立たなくなった場合は債務整理を検討するのも1つの方法です。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4種類があります。

自分の状況に応じて適切なことを行うことで、人生を立て直すことができます。

それは最後の手段として考えてください。

参照:借金のご相談ならベリーベスト法律事務所

闇金・個人間融資掲示板の利用は絶対に避ける

合法的にお金を借りる方法はたくさんありますが、絶対にやってはいけない方法もあります。 NG行為の具体例は以下の通りです。

絶対にやってはいけないNG行動

  • 闇金融で借りる
  • 個人融資掲示板はヤミ金

何が問題なのかを紹介するとともに、違法業者の見分け方についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

ヤミ金で借りる

審査がどこも通らないからといってヤミ金からお金を借りてはいけません。

ヤミ金とは、無登録の貸金業や、法律を遵守せずに融資を行う登録業者を指します。

繰り返しになりますが、貸金業を営むには金融庁の認可に加え、財務局や都道府県への登録が必要です。

また、出資法では利息制限法により貸付金利の上限が20.0%と定められています。

無許可・無登録の貸金業者や、登録があっても法定の上限金利を超える金利で融資を行う貸金業者は、ヤミ金(違法業者)である可能性が高くなります。

闇金からお金を借りると以下のような状況に陥る可能性があります。

  • 法定金利内で融資すると言いながら、実際には法外な金利で融資する。
  • 信用度を測るために保証金名目で金銭を要求し、金銭を振り込んだ後は貸さずに詐欺を行う。
  • 完済した場合でも、手数料や利息などの支払いが必要となる。
  • 返済しないと厳しい罰則が科せられる。

そもそも違法行為を行う業者であることに加え、借金以外の被害も数多く報告されています。

お金に困っているからといって、決して闇金からお金を借りないでください。

参照:違法な金融業者にご注意! : 金融庁

個人融資掲示板はヤミ金

どこからも借りられないからといって、個人融資掲示板といわれるインターネット上の掲示板やSNS上で金銭の貸し借りを行うのも絶対にしてはいけないNG行動です。

個人間融資掲示板では、貸金業者や金融機関を通さず、面識のない者同士が書き込みによってお金のやりとりを行います。

一般的に、個人間のお金の貸し借りは違法ではありません。ただし、個人間融資掲示板は解釈によっては違法と判断される可能性があります。

貸金業法では、貸金業は貸金業の登録が必要と定められています。また、反復目的でお金を貸す行為は貸金業に該当するという過去の判例もあります。

したがって、不特定多数の人が閲覧できるインターネット掲示板上で個人間で金銭の勧誘や貸し付けを行う行為は、反復の意図があると判断される可能性があります。

貸金業法違反になります。

また、個人間融資の本体は維持されているにもかかわらず、ヤミ金が個人になりすましてやり取りをするケースも多いと言われています。

ローンを組むと、法外な利息の要求、敷金の騙し取られ、性的関係の要求、個人情報の漏洩・漏洩など、さまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があります。

個人ローン掲示板でローンを組まないでください。

スーパー超絶ブラックでも借りられる消費者金融を紹介

まとめ

カードローンなどのローンには必ず審査があり、審査に通らないと借りることができません。

審査では個人信用情報の内容が確認され、事故情報や乗り換え情報が登録されていると審査に通過することが難しくなります。

そんな場合にターゲットとなるのが中小消費者金融です。 独自の審査基準に基づいて信用力などを判断しているため、他社では通過できなかった審査も通過できる可能性があります。

この記事を参考にお金を借りられる会社を見つけてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA