絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスはある?審査が不安な人のおすすめ業者を紹介

fullnote
すごエネ 編集長
すごエネ編集部は、お金に関するさまざまなジャンルの執筆経験者で構成されています。明瞭で正確な情報を発信し有益なメディアを目指します。

「絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスってある?」

本記事では上記の疑問にお応えします。

ブラックの方の中には、金融業者の審査に通らず困っている方もいるでしょう。

結論、絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスはありません。

よって、借入審査に通らないことにお困りの人は、審査に通りやすい中小消費者金融を利用するのが望ましいです。

今回は、ブラックの人が審査に通りやすい消費者金融や審査のポイントなどを解説します。

また、その他のお金を作る方法についても紹介します。

絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスはない

絶対に借りられる金融業者はなく、金融業者からお金を借りるには必ず審査に通らなくてはいけません。

一方で、審査の通りやすさは金融業者によって異なります。

ブラックでお金を借りられずに困っている方は、柔軟な審査に対応している金融業者を利用するのがポイントです。

柔軟な審査基準となっている業者は無名なところが多く、不安に感じる方も多いことでしょう。

しかし実績のある金融業者を選べば、ブラックの人でも安心して利用できます。

次に金融業者に審査がある理由について、解説します。

金融業者に審査がある理由

金融業者に審査が設けられている理由は、具体的に以下の2点です。

  1. 利用者の返済能力を確かめるため。
  2. 利用者の借入状況を確かめるため。

金融庁は、利用者の返済能力を確かめたうえで貸付をすることを金融業者に義務付けています。

お金を借りるのに審査があることの背景には、業者側の利益を見込むことだけでなく、利用者の生活を守る意図もあるからです。

また金融業者で審査が行われるのは、利用者の借入状況を確かめる点も理由の1つです。

金融業者からお金を借りる場合は貸金業法が適用され、年収の3分の1以上お金を借りられないという総量規制のルールがあるからです。

もしルールを破ると、貸金業者は営業停止となるリスクがあるので、審査を通して借入の現状を知ったうえで対策しています。

参照:カードローン審査で見られているポイントは?審査の流れを紹介|ローンノート

「絶対に借りれる」の謳い文句に注意

金融業者からお金を借りる場合、「絶対に借りれる」と謳っているところは利用しないのが賢明になります。

前述の通り、金融業者では必ず審査が行われるのが特徴であり、絶対に借りられるとは言い切れないためです。

貸金業法により、「絶対に借りられる」などの誇大広告を出すことは禁じられていることから、違法営業している業者(闇金)の可能性があるといえるでしょう。

闇金の特徴として、金利の年率が20%以上である点や、都道府県に営業許可の届出を出していない点などがあげられます。

10日間お金を借りると3割から5割の利子がつくのが一般的であることから、一度でも利用すると破産する可能性が高く、絶対に利用しないでおきましょう。

お金を借りる審査の特徴

お金を借りる際の審査の特徴について、以下の内容にまとめました。

  • 金融業者がチェックするポイント
  • ブラックは審査落ちの可能性が高い
  • 中小消費者金融の審査はチャンスあり

ここから具体的に解説します。

金融業者がチェックするポイント

金融業者からお金を借りるときにチェックされるポイントは、以下の通り複数の点です。

  • 収入:少なくとも150万円以上の収入があるか
  • 勤続年数:最低でも1年以上働いているか
  • 勤務先:大手企業や有名企業に勤めているか
  • 年齢:正社員として働いているか
  • 居住形態:持ち家を持っているか
  • 家族構成:家族と同居しているか
  • 信用情報:滞納や延滞などの経歴がないか

業者によって各項目の内容が変わるものの、どのような点がチェックされているのかを理解しておけば審査落ちとなった場合に原因を考えられるでしょう。

ブラックは審査落ちの可能性が高い

ブラックの方は基本的に審査落ちとなる可能性が高くなります。

返済能力がないと判断されやすく、貸出しをすることに対して金融機関はリスクがあると捉えるためです。

やみくもに金融機関の審査に申し込んで審査落ちになると、時間や労力が無駄になる恐れがあります。

ブラックの人の場合は特に、利用する金融機関を見極めたうえで行動することが望ましいです。

中小消費者金融の審査はチャンスあり

中小消費者金融であれば、審査で落ちやすいブラックの人もチャンスがあります。

お金を貸し出すときはどの金融機関でも審査が行われるものの、中小消費者金融の場合は、大手の金融機関と比べると柔軟に設定されている傾向にあるためです。

独自の審査基準を設けていることから、中小消費者金融では審査に通るケースもあるでしょ
う。

大手の金融機関が審査するときはコンピューターによるものが一般的ですが、中小消費者金融の場合は人の目によって行われる傾向にあるのが特徴です。

ブラックの人がお金を借りるなら中小消費者金融

ブラックの人がお金を借りたい場合、以下の理由から中小消費者金融を利用するとよいでしょう。

  • 審査に通りやすい
  • Web完結で全国から手続きができる

ここから具体的に解説します。

審査に通りやすい

ブラックの人が中小消費者金融を利用するとよい理由として、審査に通りやすい点があげられます。

独自の審査基準を設けており、大手金融機関の審査に通らない人を顧客とする戦略をとっているケースがあるためです。

金融機関からお金を借りる場合、CMや広告などで目にしたことがある企業を利用しようと考える方は多いでしょう。

前述の通り、ブラックの人の場合はコンピューターによる自動審査で落とされる可能性があります。

そこで、人の目による審査が行われている中小消費者金融を利用することで、審査に通る可
能性をあげるのがポイントです。

「柔軟に」や「事情に合わせて」などの説明文が書かれてある中小消費者金融の場合、積極的に利用するとよいでしょう。

Web完結で全国から手続きができる

ブラックの人が中小消費者金融を利用するとよい理由は、Webのみで審査が完結することから、全国どこでも手続きをできる点です。

会社の判断によっては電話で在籍確認されるケースがあるものの、パソコンやスマートフォンがあれば24時間365日手続きができる利便性の高さはメリットになります。

本人確認書類をWeb上で提出できたり、契約書の返送が不要であったりすることから、時間や手間がかかりにくいのが特徴です。

借入金の延滞などの理由がない限り、原則として自宅に郵送物が届くことはなく、消費者金融の利用を家族に知られたくない方に向いています。

審査に通りやすいおすすめの中小消費者金融

順位 会社名 特徴
1 セントラル ・全国19ヶ所に自動契約機
・ネット申込は来店不要
・審査は柔軟に判断
▼詳細を見る
2 スカイオフィス ・ネットで全国から申込
・来店不要で最短30分
・現在の返済能力重視
▼詳細を見る
3 いつも ・ネットでいつでも申込み
・来店不要で最短15分
・柔軟対応リピーター多数
▼詳細を見る
4 アロー ・ネットでどこでも申込み
・来店不要で最短45分
・人による独自の審査
▼詳細を見る
5 フタバ ・ネットや電話で申込み
・来店不要で最短10分
・返済能力柔軟審査
▼詳細を見る
6 フクホー ・ネットや電話で申込み
・来店不要で最短即日
・返済能力を重視
▼詳細を見る

上表で紹介をした、審査に通りやすい中小消費者金融について、具体的に解説します。

1.セントラル

(年)金利 4.8%から18%
契約限度額 300万円
担保・保証人 不要
融資までの時間 最短即日

ブラックの人が審査に通りやすい中小消費者金融のひとつはセントラルです。

昭和48年に創業した企業でこれまでに多くの取引実績があり、ブラックの人も審査に通る可能性はあります。

年齢・年収・借入状況に答えれば借入できるのかが分かることから、忙しい方にとって利便性が高いでしょう。

1万円から1,000円単位で借り入れできるのが特徴で、借入金額を細かく管理したい方にも向いています。

2.スカイオフィス

(年)金利 15%から20%
契約限度額 50万円
担保・保証人 不要
融資までの時間 最短即日

ブラックの人が審査に通りやすい中小消費者金融として、スカイオフィスがあげられます。

福岡県に店舗を構える企業で、比較的小さい金額の貸付を行っているのが特徴です。

銀行口座への振込に限り、14時までの申込で即日融資に対応してもらえます。

返済方法が銀行振込に限られる点や、銀行の店休日は即日融資に対応してもらえない点に注意したうえで利用しましょう。

3.いつも

(年)金利 7%から18%
契約限度額 50万円
担保・保証人 不要
融資までの時間 最短即日

ブラックの人が利用できる中小消費者金融でおすすめなのは「いつも」になります。

高知県にある会社で、初めて契約する人が60万円以上契約すると、最大で60日間無利息で利用できるためです。

条件を満たす必要があるものの、利息の支払いによる負担を軽減できることから、ブラックの人にとってメリットが大きいでしょう。

Web申込を利用すれば、最短1分で審査結果がわかったり最短45分で融資を受けられたりするのが特徴になります。

少しでも早くお金が必要なブラックの人は、「いつも」の利用を検討するのが賢明です。

4.アロー

(年)金利 15%から19.94%
契約限度額 200万円
担保・保証人 不要
融資までの時間 最短即日

ブラックの人におすすめの中小消費者金融は、アローになります。

Webからの申込で、郵送物のやり取りをせずに最短45分で審査が完了するためです。

銀行振込によって融資が行われることから、午前中に審査を終えれば当日中にお金を借りられるでしょう。

アローには「借換えローン」プランがあり、複数の会社からローンを組んでいる方は1つにまとめることで金利を抑えられます。

借入の状況に応じて、利用を検討するとよいでしょう。

5.フタバ

(年)金利 14.96%から17.95%
契約限度額 50万円
担保・保証人 不要
融資までの時間 最短即日

ブラックの人におすすめの中小消費者金融は、フタバになります。

創業から60年の実績のある企業で、他社からの借入が4社以内であれば借り入れできる可能性があるためです。

レディースローンを展開していることから、女性でブラックの人も相談しやすいといえます。

初めての利用者に限りますが、フタバでは30日間利息0円サービスを行っており、利息の心配をせずに利用しやすいのが特徴です。

借入金の上限は50万円となっており、比較的少額の融資を希望するブラックの人に向いているでしょう。

6.フクホー

(年)金利 7.3%から18%
契約限度額 200万円
担保・保証人 不要
融資までの時間 最短即日

ブラックの人におすすめの中小消費者金融は、フクホーになります。

大阪にある企業で創業から50年以上の実績があり、他社借入件数が4件以下であれば審査に通る可能性があるためです。

フクホーの返済金額は2,000円からと低く、元金自由返済方式と元利均等返済方式を採用しており、自分のペースで返済しやすいのが特徴になります。

元金自由返済方式とは、指定日に利息を支払えばいつでも元金を返済できるもののことです。

一方、元利均等返済方式とは毎月一定金額の返済を続けることをいいます。

その他のお金を作る5つの方法

ブラックの人がお金を作る方法は、以下の通り金融機関からお金を借りる以外にさまざまなものがあるのが特徴です。

  1. クレジットカードのキャッシング
  2. 生命保険の契約者貸付
  3. 質屋
  4. 公的融資制度
  5. 家族や友人に借りる

ここから具体的に解説します。

1.クレジットカードのキャッシング

ブラックの人がお金を作る方法として、クレジットカードのキャッシングがあげられます。

クレジットカードを利用する場合、「ショッピング枠」を利用して買い物をするのが一般的ですが、カードによっては「キャッシング枠」という機能もあるためです。

クレジットカードを利用して現金を借りられるサービスとして「キャッシング枠」が設けられており、借入の上限額を表します。

利息や手数料が発生するものの簡単にお金を作れることから、クレジットカードを持っているブラックの人は利用を検討するとよいでしょう。

2.生命保険の契約者貸付

ブラックの人がお金を作る方法として、生命保険の契約者貸付があげられます。

契約者貸付とは、加入している生命保険のプランを解約するときに発生する「解約返戻金」を担保に、保険会社からお金を借りられる制度のことです。

掛け捨てタイプの生命保険に加入している方は対象外となるものの、解約返戻金の7割から8割程度を目安に借りられるのが特徴になります。

保険を解約せずに審査不要で利用できたり、金融機関から借りるよりも比較的低金利(2%から6%程度)で利用できたりするのがメリットです。

生命保険に加入しているブラックの人がお金を作る方法として、状況によっては金融機関を利用するよりも効果的だといえます。

契約者貸付制度とは?生命保険でお金を借りるしくみとメリット・デメリット|カードローンならJCB

3.質屋

ブラックの人がお金を作る方法として、質屋の利用があげられます。

18歳以上であれば誰でも利用できるのが特徴で、ブラックに関係なく取引を行えるためです。

質屋を利用する場合、質入れと買取の2つに分けられるのが特徴になります。

質入れとは商品を担保にお金を借りることで、買取とは商品と引き換えにお金を得ることです。

質入れする場合、基本的にブランド品が対象となり、商品の価値に応じて借り入れできる金額も変わります。

質入れするときに必要なのは身分証明書で、忘れずに持っていくのがポイントです。

基本的に3ヶ月以内にお金を返済できない場合、預けた商品が質屋の所有物となります。

3ヶ月以内に返済できない場合、利息をあげれば返済期間を延長してもらえるのが一般的です。

4.公的融資制度

ブラックの人がお金を作る方法として、公的融資制度の利用があげられます。

公的融資制度とは国が行う融資で、収入が低ければ低いほど低金利でお金を借りられるためです。

公的融資制度の内訳は、具体的に以下に示します。

  • 生活福祉資金:年利0%から1.5%で、引っ越しや生活再建に必要な資金を借りられる
  • 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度:母子家庭や父子家庭を対象に、保証人なしで年利1%(ありの場合無利子)でお金を借りられる
  • 教育ローン:子どもの人数に応じた教育費を、基本的に年利1.95%で借りられる

公的融資制度には条件があるものの、比較的低金利で利用できることから、ローンの返済額をなるべく押さえたいブラックの人に向いています。

参照:生活福祉資金|全国社会福祉協議会

5.家族や友人に借りる

ブラックの人がお金を作る方法として、家族や友人から借りる方法があげられます。

返済をうやむやにすると人間関係のトラブルに発展する可能性もあるものの、金融機関のように審査がなくお金を借りられるためです。

関係性によっては、無利息・無期限などの条件で借りられるケースもあるでしょう。

手間に感じるかも知れませんが、トラブルを防ぐには借用書を作成したうえでお金を借りるのが望ましいです。

お金を返すときは菓子折りを持参するなどで、感謝の気持ちを表すのもポイントになります。

まとめ

ここまで、絶対に借りられる金融業者はないことや審査の内容、ブラックの人におすすめの中小消費者金融などについて解説してきました。

宣伝で「必ず借りられる」と謳っている金融機関を目にする機会もあるかも知れませんが、法律で審査が義務付けられており、必ず借りられるケースはないと理解しておきましょう。

生活面で不安に感じても、審査なしをアピールする業者は闇金の可能性が高く、利用しないのが賢明です。

ブラックの人がお金を借りたい場合、中小消費者金融を利用するのがポイントで、金利などの条件面を比較すると自分に合うところを選べます。

興味のある方は、公式サイトから気軽に問い合わせるとよいでしょう。

本記事を参考に、絶対に借りられる金融機関はないことを理解していただければ幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA